はじめて観葉植物を置こうと思った時に、水やりはちゃんと出来るか、枯らさないだろうかと心配になると思います。せっかく買った植物を枯らしてしまうとお金ももったいないですし、植物も生き物ですから可哀想です。

とても重要な水やり

観葉植物をちゃんと育てられるか、それとも枯らしてしまうかの原因の大きな1つは水やりです。水やりがちゃんと出来る様になると、植物を枯らすことはかなり少なくなります。また、水やりは初心者の方にとってはとても難しいと感じられるようですが、慣れた人にとっては物凄く簡単です。いくつかのポイントと、その原理を知っておくことで水やりのコツを掴んで頂き、観葉植物を永く楽しめるようになって頂けたらなと思います。

まずはいきなりポイントのまとめをします。その後に、その原理を少し詳しくお伝えします。

ポイント

・水は土がある程度乾燥してきたらあげる
・水分計を使って土の乾燥具合を見えるようにする
・ほとんどの植物では、水をあげ過ぎるより乾燥気味に管理した方が無難
・根っこが痛んでたり、葉っぱが少ない(剪定時含む)時はさらに水やりを減らす

○○日に1回は実は危ない

ちょうどいい水やりの頻度というのは、植物の種類、温度、光の量、湿度、植物の状態によって変わります。影響を与える要素が多い為、一律に○○日に1回とはどうしても言えません。例え同じ種類の植物を同じ場所に置いたとしても、植物の大きさ、根っこの張り具合、葉っぱの付き具合によっても変わります。ですから「この植物は○○日に1回水をあげる」という覚え方はやめた方が安全です。

根の強さと蒸散のバランス次第で必要な水の量が変わる

土が乾燥する=根っこが水分を吸収するということです。ですので、根っこが弱っているなど、吸う力が弱いと当然あまり吸えません。また、植物も水分を吸うだけではダメで、出さなければいけません。それが蒸散です。蒸散は葉っぱにある気孔から行います。この蒸散が多い程、たくさん水が必要になるので、その分たくさん根っこから水分を吸収します。ですので、選定時や落葉して葉っぱが減っている時は蒸散が出来なくなるので、その分水を吸えなくなります。

まとめると、
・根っこが弱っている(水を吸えない)
・葉っぱが少ない(蒸散が少ない)
・温度が低い(蒸散が少ない)
・暗い場所に置いている(蒸散が少ない)
時は水をあげる頻度を減らす必要があります。

「土が乾燥してきたらあげる」が正解

観葉植物を枯らす原因でもっとも多いと言われているのが水のあげ過ぎです。エバーフレッシュなど、一部を除いたほとんどの植物は、多少水が足りなくても枯れません。逆に水をあげ続けることによる加湿が原因で、根っこを痛め、結果枯れることが多いです。基本的には乾燥気味に育てる方が枯らすリスクが減ります。ですので、植物に愛着をもってマメに水をあげている人の方が枯らしやすく、面倒見の悪い人の方が案外長く育てられたります。

土が乾燥したタイミングを見極めるのは難しい

土の表面が乾いていても、土の中は結構湿っていたりします。土の表面は空気に触れるため、植物自体が水を吸っていなくてもある程度乾燥していきます。ですので、水をあげるタイミングとして言われる「土の表面が乾いてきたら」というのは「土の表面が乾いてきたら中も乾いてきているだろうから」であり、もう少し親切に言うと「土の表面が乾いて少し時間が経ったら土の中も乾いてきているだろうから」ということです。

ただし、実際の生産の現場や、植物レンタルの現場で水管理をする場合は、定期的に土の中に指を突っ込んで、土の中の湿度を確認しながら水の減り具合(水の吸収具合)を確認しながら行います。ですが、一般の方にそこまでやってもらうのは酷だと思いますし、それでは植物を飾るハードルが上がってしまいます。

水分計を使って見た目で分かるようにするとよい

そこでオススメなのが、水分計を使って土中の水分量が見た目で分かる様にすることです。土の湿度が見た目で分かれば水やりのタイミングを間違えにくくなるので、水やりが簡単になります。ただし、水を好む植物は色が変わってすぐに水をあげる乾燥に強い植物は色が変わって1日経ってから水をあげるなど、植物によって実際の水やりのタイミングは調整が必要です。

注意水分計にはハイドロ用と土用があります。ハイドロ用は土では使えませんのでご注意ください。

水をお皿に溜めっぱなしだと臭いの原因になる

観葉植物を飾っていて臭いが出ることがありますが、そのほとんどはお皿に溜めている水が腐っていることが原因です。また、お皿に水を溜めたままだと土がずっと湿った状態になりやすく、根痛みの原因になったりもします。ですので、水やりの時にお皿に溜まった水はすぐに捨てるのが理想です。ただ、水やりの度にお皿の水を捨てるのは結構面倒臭いと思いますので、毎回溜まる水を1cm程度に抑える様にして、1週間に1度捨てる様にするだけでも効果があります。

また、植物の根っこが痛んでいて、鉢の中の水分が吸われずにずっと残った状態だと、同じ様にその水分が腐ってきて臭いが出ることがあります。そうなると根っこが復活して水を吸える様にならないと根本的な解決になりません。その場合は水やりの頻度を減らしつつ、外に出すなどして植物の回復に努めてください。

水やりのコツを覚えて植物を枯らさない

植物の種類によって水を好んだり乾燥が好きだったりがあります。初めて育てる植物でも今ではインターネットで検索すると色んな情報が出てきます。調べてみてごの植物が水を好むのかどうか分かれば、あとはこの水やりのコツさえ押さえておけば上手く育てられるようになります。ぜひコツを掴んで植物の管理をマスターしてください。

植物のレンタルはもっと安くできる。

あなたは植物のレンタルでこんな悩みがありませんか?

・今契約しているレンタルのコストが高い。
・植物の状態が悪くなってもなかなか交換してくれない。
・もっと変わった植物を置きたい。

De-goのライトプランは、大鉢通常2,500円/月1,500円/月でレンタルできます。お客様で日々の水やりをして頂くことで実現したこのプランは、低コストでありながら、植物をキレイな状態に維持することを可能にしました。植物の種類も豊富で、高級店に並ぶような植物もありますので、品質にもきっとご満足頂けると思います。

無料お試し期間1ヶ月間とたっぷりありますので、ぜひ一度お試しください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事